PC(パソコン)版LINEの通知音を変更するには(音声ファイルを使う方法)

スマートフォンの「LINE(ライン)」は、通知音を簡単に変更できるのに、PC(パソコン)版の「LINE(ライン)」には、自前のWAVファイルに変更する方法がありません。

通知サウンドを変更する方法がないかと、PC(パソコン)版LINEの「設定」を隅々まで確認しましたが、見つけることができませんでした。

 

それでも・・・

PC(パソコン)版の「LINE(ライン)」で、『通知音を変えたい!』と思いませんか?

 

世の中、「LINE(ライン)」を知らない人がいないくらい、様々な人に利用されています。

日本の人口は、2017(平成29)年12月1日の (概算値)で、1億2476万3千人ですが・・・

なんと、「LINE(ライン)」の利用者は、2019(平成30)年3月の発表では7000万人だそうです。

 

つまり、10人中6人は、「LINE(ライン)」のユーザーだということです。

 

それほど多くの利用者の中には、アプリケーションで準備してある通知音より、『自分で準備した「音」を通知音にしたい!

と、思っておられる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

PC版のLINEを使っていると、「彼女の声で通知して欲しいな!」とか、「LINEの通知が入ったよ!」などの音声で通知してくれると楽しいですよね。

 

 

それでは、PC(パソコン)版LINEの通知音を変えるには、どうしたらよいのでしょうか?

 

スマートフォンのアプリには、「設定」の中に「外部ファイル」を指定できる機能が備わっています。

しかし、PC(パソコン)版LINEには、そもそも外部ファイルを指定する機能がありません。

 

 

私は、「電話の着信」、「LINEの通知」、「Sylpheed (メーラー)のメール受信」など、個別に様々な通知音が鳴るようにしています。

 

例えば、電話の着信時は、「電話だよ!」とか、新着メールがあった時は、「PCにメールです!」と、子供の声で知らせてくれるようにしています。

 

本当に、わかりやすくて楽しいですよ!

 

 

 

そろそろ、本題のPC(パソコン)版「LINE(ライン)」の通知音の設定方法ですが、自分で準備した「音声ファイル(WAVファイル)」があれば、通知音を変えることは可能です。

 

彼女の声や、子供の声、自分が通知音にしたい「WAVファイル」さえあれば、その音声(WAV)ファイルを通知音にできます。

もちろん、自分の声でもOKです。

 

簡単に言うと、PC(パソコン)版LINEのアプリケーションが使っている音声(WAV)ファイルを、自前の音声ファイルに置き換えてしまうのです。

 

例えば、アプリケーションの設定で9番目の通知音を使っていれば、ファイル名が「alarm9.wav」の音声ファイルが使われています。

そのファイルを、自分で用意した音声ファイルにしてしまえばいいわけです。

 

 

 

まだ、PC(パソコン)版のLINEをインストールしていない方のために、LINEをダウンロードしてから、パソコンで使用できるようにするまでの作業方法をご紹介します。

 

※ステップ1:PC版LINEアプリケーションのインストール

以下のURLにアクセスしてください。

※マウスの「右クリック」→「新しいタブで開く」がおすすめです。

https://line.me/ja/download

 

下図のサイトが表示されますので、「Windows版をダウンロード」を、クリックしてください。

 

 

 

下記のファイルがダウンロードされますので、右クリック「開く」で、PC版LINEをインストールしてください。

 

 

・「OK」をクリックします。

 

・「同意する」をクリックします。

 

・インストールが完了するまで、待機します。

 

・インストール完了のダイアログが表示されたら、「閉じる」をクリックします。

※これで、PC版LINEのインストールは完了です。

 

 

 

※ステップ2:PC版LINEアプリケーションの通知音を「アンサー」に設定する

・アプリケーションが起動したら、下記画面で「通知サウンド」から「アンサー」を選択します。

 

※ステップ3:LINEの隠しファイルを表示できるように準備する

・エクスプローラーの「表示」タブをクリックしたあと、右端の「オプション」をクリックします。

 

 

 

・「表示」タブをクリックしたあと、下図の「詳細設定」の「隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する」のラジオボタンをクリックします。

 

・設定が終了したら、「OK」ボタンをクリックして終了します。

※これで、LINEの隠しファイルや、隠しフォルダーが表示されるようになります。

※全ての作業完了後に、設定を元に戻してください。

 

 

 

※ステップ4:PC版LINEアプリケーションの「音声ファイルの場所」を表示する

 

下記の内容をコピーして、エクスプローラーに貼り付けてください。

%UserProfile%\AppData\Local\LINE\Data\resource

 

・貼り付け後に「Enter」キーを押下します。

 

 

 

・PC(パソコン)版LINEの「通知サウンド」のファイルが表示されました。

 

※ステップ5:自分で用意した音声(WAV)ファイルを、LINEの音声ファイルと置き換える

 

・「設定」→「通知サウンド」の操作履歴に応じて、以下の全てのファイルか、いずれか1つ以上のファイルが表示されるはずです。

一度しか通知音の設定をした覚えがないという場合は、1個しかファイルが表示されません。

全部の通知音を試してみたなら、9種類すべてのファイルが表示されます。

 

————–<< WAVファイル対応表 >>———–

LINEのWAVファイル名 コンボボックスで選択する内容
alarm1.wav 既定のサウンド
alarm2.wav みんなでLINE♪
alarm3.wav こっそりLINE
alarm4.wav シンプルベル
alarm5.wav ポキポキ
alarm6.wav ウェルカム
alarm7.wav 口笛
alarm8.wav 呼出チャイム
alarm9.wav アンサー

 

自分で用意した、音声(WAV)ファイルをリネーム(名前変更)して「alarm9.wav」とし、上記フォルダーに、上書きコピーしてください。

もし、LINEのシステムファイルを残しておきたい場合は、「alarm9.wav」を「alarm9old.wav」などに変えておけば、上書きされることはありません。

必要な時に、元の名前に戻せばOKです。

 

 

以上で、PC(パソコン)版LINEの通知サウンドを変更することができました。

エクスプローラーの表示オプションを元に戻しておいてくださいね。

カテゴリー: LINE

“PC(パソコン)版LINEの通知音を変更するには(音声ファイルを使う方法)” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)