無料バックアップソフト(ツール)BunBackup

Windows10バックアップソフト(ツール)BunBackup

以下のような場合にデータファイルのバックアップがないと悲惨なことになります。

・パソコンがハード的に壊れて起動しない。
・パソコンのシステムが壊れて起動しない。
・間違ってファイルを消してしまった。
・間違ってファイルを更新してしまった。
・他

プログラムは、再インストールすれば復旧できますが、データは復旧不能です。
そのためにも、バックアップは必須です。

簡単・自動でバックアップができるソフト(ツール)を紹介します。

「BunBackup」という無料ソフト(ツール)です。

インストール方法

「窓の杜」からダウンロードできます。
http://forest.watch.impress.co.jp/library/software/bunbackup/

バックアップソフト(ツール)BunBackupの使い方

スタートメニューから「BunBackup」を起動します。

「+」ボタンをクリックします。

「タイトル」を設定します(デフォルトのままでもOKです)

※複数設定する場合は、分かりやすい「タイトル」を設定します。

バックアップ元と先を設定します。

※バックアップ先は、外付けHDDやUSBメモリー、ネットワーク上のファイルサーバーなどを指定します。

(同じハードディスクの別ドライブなどを指定したら、ハードディスクが壊れた時に意味がありません)

 

テキスト入力域の右のボタンをクリックしてフォルダを開くことができます。

 

タイトル、バックアップ元と先が設定できました。

 

「機能表示設定」をクリックします。

 

各機能を設定します。

※注意)

ミラーリングを設定すると、バックアップ元と先が同じファイル構成になります。
バックアップ先にすでにバックアップ元とは別のファイルが存在する場合、削除されてしまいますので注意してください。

バックアップ先に新規に「フォルダ」を作成して、そのフォルダをバックアップ先に指定すれば回避できます。

 

「高速ファイルチェックDBの再構築をクリックします。

 

※再構築の実行状況が表示されます。

 

「環境設定」をクリックします。

 

「自動バックアップ」の設定を行います。

 

 

設定ファイルを保存します

「名前を付けて保存」をクリックします。

バックアップ元と同じ場所に「BunBackup」などのフォルダを作成し「設定ファイル.lbk」を保存します。

 

「環境設定」をクリックします。

 

「スタートアップ・タスク設定」をクリックします。

 

「登録」をクリックします。

 

 

以上で設定は完了です。

設定内容どおりだと、毎日20:00に自動的にバックアップされます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)