インストール前のバージョンファイル(Windows.old)を削除する方法

 Windows10を新規ではなく、アップグレードでインストールした場合旧Windows(7または8)のシステムファイルが残ってしまいます。
それが、「Windows.old」ファイルです。
Windows10を7や8に戻さない限り必要のないファイルなので削除してもかまいません。
というか、削除しないと10Gバイト前後(システムによって異なります)のディスク容量を無駄に使うことになります。

それでは、削除方法を紹介します。

「Windows.old」の削除方法

ディスク ク リーンアップ

 「Windows.old」ファイル(フォルダ)の削除は、「ディスク クリーンアップ」で行います。

Windows10の検索ボックスに「ディスク クリーンアップ」と入力して[Enter]キーを押下します。

もしも、Windows10の検索ボックスを非表示にしてある場合は、コントロールパネルの検索でも可能です。

コントロールパネルから「ディスククリーンアップ」を起動するには、以下の操作を行います。

スタートボタンを右クリックします。

「コントロールパネル(P)」をクリックします。

検索ボックスに「ディスク クリーンアップ」と入力します。

「不要なファイルの削除によるディスク領域の開放」をクリックします。

「ディスククリーンアップ:ドライブの選択」ダイアログボックスが表示されますので、削除したい旧システムファイル(Windows.old)があるドライブを選択します。


通常は、(c:)ドライブがシステムドライブです。

空き領域の計算が開始されます。

下記ダイアログが表示されたら、「システムファイルのクリーンアップ」をクリックします。

削除したい旧システムファイル(Windows.old)があるドライブを選択します。

同様に、空き領域の計算が始まります。

確認ダイアログが表示されますので、「ファイルの削除」をクリックします。

「以前のWindowsを削除する警告」のメッセージが表示されますので、「はい」をクリックします。

ディスククリーンアップの進捗状況が表示されて、自動的に終了します。

以上で終了です。

この作業で「11.9Gバイト」の空き容量を増やすことが出来ました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)