システム修復ディスクの作成方法(備えあれば憂いなし)

投稿者: | 2017年8月12日

システム障害

突然、パソコンの調子が悪くなって、システムが起動しなくなった経験はありませんか?
残念ながら、私は、あります。

冷や汗「タラ~」とはこのような状況ですね。

システム修復ディスクを準備しましょう!

万が一、システムが起動しなくなった場合は、「システム修復ディスク」を使って再起動できないかチャレンジします。
それでも、ダメな場合は諦めるしかありません。

システム修復ディスク作成の作業手順

1)スタートボタンを右クリックで「エクスプローラー」を選択します。

2)エクスプローラーの入力域に下記の内容を貼り付けます(コピー&ペーストでお願いします。)貼り付け後に「エンターキー」押下

貼り付け内容↓
コントロール パネル\システムとセキュリティ\バックアップと復元 (Windows 7)

3)「システム修復ディスクの作成」をクリック

4)ドライブに「DVD-Rディスク」をセットしたら「ディスクの作成」をクリック


以降、指示に従う。

5)作成した「DVD-R」ディスクを取り出し大切に保管する
以上で作業は完了です。

 (・・ヾ
お疲れ様です。

まとめ

データのバックアップは、毎日とっていますか?
管理人のおすすめは、データ専用のドライブを割り当てて、ドライブごとツールでバックアップです。
この方法だと、復元する時にとても簡単にできます。
バックアップのおすすめソフトは無料の「BunBackup」です。
ダウンロードはこちらからどうぞ→BunBackup

万が一の備えが、大事なデータを守ります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)