スポンサーリンク

Windows10とWindows7のデュアルブート(マルチブート)を実現するには?

確率的には低いですが、Windows10に半強制的にアップグレートされてしまって、Windows7で動いていたソフトが動かなくなった人はおられませんか?

その場合、Windows10とWindows7のデュアルブート(マルチブート)環境を作れば問題が解決します。

ただし、OSの環境をいじくるわけですから慎重な作業が必要です。

以下の作業に自信がない人は、パソコンに詳しい人に「ヘルプ」を出したほうが賢明です。

 

それでは、作業の流れ(概略)を説明します。

1)現在の状態を把握

・windows10のシステム状態を把握します。

※もしも、ディスクの空き領域が少ないとインストールすることができません。

・Windows7は、最低でも16 GB (32 ビットOSの場合) または、 20 GB (64 ビットOSの場合) の使用可能なハード ディスク領域が必要です。

 

2)Windows7のディスクを準備します。

・Windows10になっているのでWindows7のセットアップ(インストール)が必要です。

 

3)windows7用の(パーティション)ディスク領域を作成します。

・現在、Windows7だったディスク領域がwindows10に占有されていますので、新たにWindows7用のパーティション(ディスク領域)が必要になります。

※管理人の場合コントロールパネルから「ハードディスクパーティションの作成とフォーマット」を利用して新しいパーティション(ローカルディスクドライブ)を作成しました。

 

4)Windows7をインストールします。

・新規に作成したパーティション(ディスク領域)に「Windows7」をインストール(セットアップ)します。

 

5)デュアルブート環境の確認

・Windows10とWindows7が正しく起動することを確認します。

 

 

以上で作業は完了です。

詳細は、「Microsoft」の記事を参考にしてください。

———————<記事概要>———————–
《 Windows 7 を含むデュアルブート環境を作成する方法 》

・デュアルブート環境を作成する前に
・デュアルブート環境での注意事項
・デュアルブート環境を作成する方法
・デュアルブート環境でのコンピューターの起動方法
・デュアルブート環境で既定で起動する Windows を設定する方法

https://support.microsoft.com/ja-jp/help/2283015

——————————————————

《注意事項》

上記Microsoftの記事は、下位バージョンのOS(Windows XP やWindows Vista )にWindows7をインストールする方法が書いてあります。

しかし、今回は、上位バージョンのwindows10に下位バージョンのWindows7をインストールすることになります。

ですが、デュアルブート環境の構築操作自体は、同じと考えてもらって結構です。

《追記》

管理人も、windows10の環境にWindows7をインストールしてデュアルブート(マルチブート)にしていました。

※現在は、Windows7の環境が不要になったので「windows10」のみで稼働しています。

 

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です