MiniTool Partition Wizard(無料で多機能のディスク管理ツール)

投稿者: | 2019年4月25日

パソコンの記憶装置であるHD(ハードディスク)や、SSD(ソリッドステートドライブ)は、CPUと並んで、パソコンの心臓部です。
パソコンで使用するソフトや、データは、記憶装置に保存されるために、記憶装置に異常が発生すると、最悪の場合、パソコンが起動しなくなります。

ソフトは、復元可能でも、データは、バックアップを取っていない限り、なくなってしまいます。

もし、大事なデータだったら大変です。


ですから、記憶装置の役割は、非常に重要です。

その記憶装置を維持、管理するためのソフトは、OS(Windows)にも付属していますが、十分な機能があるとは言えません。


そのため、記憶装置の管理を行うソフトが各社より販売されています。

その中でも有名な会社である「Minitool」が提供している「MiniTool Partition Wizard」の無料版のレビューを行います。

今回は、最新版で追加された機能についてのレビューです。

インストール方法

まずは、インストールしてみましょう。

下記サイトにアクセスします。

https://www.partitionwizard.jp/

MiniTool Partition Wizard のページが開きます。

画面右上の「ダウンロード」をクリックします。

「MiniTool Partition Wizardのダウンロードセンター」のページが表示されます。
画面下部の「ダウンロード」をクリックします。

ダウンロード画面が表示されます。

オレンジ色の「フリーソフトをダウンロード」をクリックします。

画面最下部の「実行」ボタンをクリックします。

セキュリティの警告が出る場合がありますが「はい」でOKです。

セットアップする言語は、「日本語」で「OK」をクリックします。

「使用許諾契約書の同意が表示されます。

「同意する」を選択し「次へ」をクリックします。

インストール先の指定が表示されますが、そのまま「次へ」をクリックします。

プログラムグループの指定も、そのまま「次へ」をクリックします。

追加タスクの選択も、「次へ」をクリックします。

Avast Free Antivirusソフト(セキュリティソフト)のインストール許諾が表示されます。



既に他のソフトをインストール済みだったり、必要なければ、下図のようにチェックを外します。

「次へ」をクリックします。

ソフトのインストール準備が完了しましたので、「インストール」をクリックします。

インストール状況が表示されます。

インストールが完了しましたので「完了」ボタンをクリックします。

下図は、Windows標準のディスク管理画面です

下図が、「MiniTool Partition Wizard 無料版 11」の画面です。

「ディスクの使用状況分析」を行ってみます。

「C」ドライブをスキャンします。

「ディスクの使用状況分析」のダイアログが表示されます。

「C」ドライブの使用状況が表示されました。

一目で、「フォルダ」ごとの使用量(占有率・サイズ)が確認できます。



「ファイルビュー」で「exe」を検索してみました。

同じく「ファイルビュー」で「*.wav」を検索してみました。

最下位のフォルダの使用量(占有率・サイズ)も確認できます。

ディスクベンチマークを実行してみました。

各種設定は、規定値のままで、「開始」ボタンをクリックします。

テスト中のダイアログが表示されます。

ベンチマークのグラフが表示され始めました。

グラフ表示なので一目で、ディスクのパフォーマンスを確認できます。

試しに、「ランダム」アクセスのテストもしてみました。

他のドライブ(SDカード)のベンチマークも行ってみました。

予想通り、SSDの方が断然高速です。

「データ復元」機能が新機能として搭載されました

大事なデータ(文書、画像、動画など)を、間違って削除してしまったことがありませんか?

右クリックで「削除」しただけなら、ゴミ箱からもとに戻せますが、「ゴミ箱を空にする」を実行すると、完全に消えてしまいます。

そういった、ミスを行っても、下手な操作をしない限り、データ復元ツールで元に戻すことができます。

「MiniTool Partition Wizard」には、新機能として「データ復元」機能が搭載されました。

データ復元機能を実際に使ってみる

あらかじめ、「DELTEST1.TXT」というテキストファイルを、削除してゴミ箱を空にしておきました。

メニューから「データ復元」をクリックすると、デバイスの選択画面が表示されます。

パソコンに接続されているドライブが表示されます。


「C」ドライブで「DELTEST1.TXT」の削除操作を行いましたので、「C」ドライブを選択します。

復元するドライブを選択したら、右下の「スキャン」ボタンをクリックします。

スキャンの完了を待ちます。

スキャンには、パソコンの処理能力にもよりますが、しばらく、時間がかかります!

スキャンが終了しました。

「C」ドライブの既存のパーティションの「+」をクリックして、展開します。

ゴミ箱をクリックすると、消したファイルが現れますので、右クリックで「復元」を行います。

復元するファイルの格納場所を訪ねてきますので、適当な場所(私は、デスクトップ)を選択します。

すると、デスクトップに保存されたというメッセージが表示されます。

「OK」をクリックしてダイアログを閉じます。

消してしまったファイルが、デスクトップに出現しています。

「ゴミ箱」を開いてみると、ゴミ箱にも復元されていました。

人間は、ミスをする動物ですから、間違ってファイルを削除してしまうこともありえます。

そんな時に、この「MiniTool Partition Wizard」があれば、簡単に復元できますので、とても便利です。

その他

下記URLは「MiniTool Partition Wizard 無料版 11」の特設サイトです。

こちらからも、ダウンロード可能です。

https://www.partitionwizard.jp/free-partition-manager.html

まとめ

「MiniTool Partition Wizard」は無料版でありながら、多機能でしかも高機能のディスク管理ツールです。


「MiniTool Partition Wizard」は、ディスクとパーティションの管理、システムパーティションを拡張、ディスクのコピーやOSの移行、SSDの4Kアライメント、MBRをGPTに変換、FAT32をNTFSに変換、パーティションの結合などに役立ちます。

他社のソフトにまけない豊富な機能を搭載していますので、おすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)